コンサルティングを開始 認可保育園・企業主導型保育園運営 IT×モンテッソーリ企業主導型保育園「ぼくのひみつきち」運営のmode-Duo

https://conlabo.jp/wp-content/uploads/2015/04/consultant.jpg

・有限会社mode-Duo(モードデュオ、所在地:東京都渋谷区、代表取締役:尾島 康仁、以下 mode-Duo/当社)は、保育事業の新サービスとして認可保育園・企業主導型保育園運営コンサルティングを開始したことを発表しました。
・オフィス・病院・施設内などに企業主導型保育園の設置をご検討の経営者様に向け、助成金の申請から開業サポート、運営サポートまで一貫してご対応できる体制を提供していきます。
・企業主導型保育園「ぼくのひみつきち」を2018年4月より運営しており、そのノウハウとサービス力を活用して「お子様・保護者の皆様・保育士さんの3方向全てにとって幸せな環境を作る」ことをミッションに同事業に取り組んでまいります。

 

当社は企業主導型保育園「ぼくのひみつきち」を2018年4月より運営しており、そのノウハウとサービス力を活用して「お子様・保護者の皆様・保育士さんの3方向全てにとって幸せな環境を作る」ことをミッションに同事業に取り組んでまいります。

引用元

https://www.asahi.com/and_M/pressrelease/pre_3062305/

 

 

企業主導型保育園とは、「会社がつくる認可外の保育園」のことです。企業が社員の家庭を支援するための制度であり、事業所内に保育施設を完備するというものだそうです。
これからお子さんを持つ働くお母さんやお父さんのために、役に立つ仕組みだと思います。それを会社が導入してくれるなら、とても便利な施設になることでしょう。
当社は企業主導型保育園「ぼくのひみつきち」を2018年4月より運営しており、そのノウハウとサービス力を活用して「お子様・保護者の皆様・保育士さんの3方向全てにとって幸せな環境を作る」ことをミッションに同事業に取り組んでまいりますとのことです。
実績もありノウハウもあるようですので、お子さんを安心して預けられる施設を増やしてほしいと思います。

 

ツイッターが凍結された中国ライターの顛末「天安門30周年」直前に

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/cd/cdcfbb98ecc8742050b88fc319d06f86_t.jpeg

・6月1日の朝ツイッターが立ち上がらなくなった。
・立ち上げたアプリはタイムラインが数時間以上前からまったく更新されない状態になっていた。
・操作すると、アカウントの凍結を伝えるプッシュ通知が画面上に現れた。

 

立ち上げたアプリはタイムラインが数時間以上前からまったく更新されない状態になっていた。
不思議に思ってすこし操作すると、アカウントの凍結を伝えるプッシュ通知が画面上に現れた。
トップ画面を見ると、それぞれ888人いたフォロー数、1.8万人ぐらいいたフォロワー数がともにゼロになっている。

引用元

https://bunshun.jp/articles/-/12298

 

 

 今年の6月4日は、1989年に人民解放軍北京市内で学生デモを武力鎮圧した天安門事件六四天安門事件)から30周年にあたります。アメリカなど海外に在住する反中国共産党的なツイッターのアカウントが、ごっそりと凍結されたことが明らかになったそうです。
ところが、中国当局にとって都合が悪い在外中国人でも、往年の天安門リーダーの筆頭格である有名どころのアカウントは、なぜか凍結されていなかったそうです。
政治的な意見を言うつもりはありませんが、これは大変なことだと思います。
現在意見の発信する手段として活用されているツイッターがこのようにいとも簡単に制限されてしまうと、世論を簡単に統制することが可能になります。その結果は、とても恐ろしい事態が起こる可能性があり、そんなことになってはいけません。
賛否両方の意見があって、それぞれの意見を知ることが、本来の意見発信の場でなければいけないと思います。そうして意見をだしあうことで、本来の方向性を見りつけることができるからです。

“独裁者社長” のいやらしい夜を告発!『龍角散』セクハラ・パワハラ訴訟

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/12/11/18/10/apartment-1899964_960_720.jpg

・昨年12月17日、社長室に呼び出された福田由紀さん(仮名・50)は、龍角散藤井隆太社長(60)にパソコン、携帯電話、社員証を取り上げられたうえに、自宅待機を命じられ、今年3月28日、解雇を告げられた。
・6日、福田さんは解雇は不当で無効だとして地位の確認や賃金の支払いなどを求めて東京地裁に提訴した。
・翌日セクハラの一部始終を聞いた福田さんは相談窓口を作らなければいけないと思ったという。その考えに至ったのは自分も藤井社長からセクハラを受けたことがあったから。

 

「立場の弱い女性に対して卑劣な行い。受けた本人がセクハラと認識していなくても周囲が不快に思うことでセクハラは成立します」(伊藤安奈弁護士)
 社長は過去、一部のインタビューに「独裁者で何が悪い」と開き直るなど強気な性格。

引用元

https://www.jprime.jp/articles/-/15328?page=2

 

 

龍角散の藤井社長が、パワハラ・セクハラで訴えられているようです。社長はインタビューで「独裁者で何が悪い」と開き直るなど強気な性格だったようです。
女性社員に抱きついたり、セクハラ対策室を作ろうとした社員を自宅待機にして解雇を告げたそうです。
社長は、社員に対して大きな勘違いをしてしまうことが多くあります。社員ですから社長の言うことを聞き、社長に反感を買わないように心がけるのは当然のことです。それを自分の言うことがすべて通ると錯覚してしまうようです。
まして、それが女性社員だと、自分が何をしても文句を言わない、嫌がらないと大きな勘違いをしてしまうのでしょう。
社員誰でも生活があるため、多少のことについては目をつぶろうとしてしまいますが、これが返って社長を助長させてしまう結果になってしまうのです。
国もパワハラ・セクハラを防止するための法整備をしています。このような社長こそ、徹底的に責任追及することで分からせないといけないと思います。

結婚会見で見せた山里亮太の男気“魔性の女”否定に絶賛の声

http://gahag.net/img/201608/06s/gahag-011351.jpg

・6月5日、女優の蒼井優(33)との結婚を発表した南海キャンディーズ山里亮太(42)。同日19時からは蒼井とともに結婚会見を開き、大勢の報道陣が詰めかけた。
・山里は、みなさんが思う魔性から発生する心配は一切ございません、ときっぱり断言。
・山里は、過去の交際遍歴から一部では“魔性の女”と呼ばれることもある蒼井。そうしたイメージを否定し、真摯に彼女を守った。

 

過去の交際遍歴から一部では“魔性の女”と呼ばれることもある蒼井。そうしたイメージを否定し、真摯に彼女を守ったのだ。これには蒼井も感動した様子で、目に涙を浮かべながら隣で話を聞いていた。

引用元

https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1744363/

 

 

山里亮太(山ちゃん)が蒼井優との結婚記者会見を行いました。
山ちゃんの芸人らしい記者会見での振る舞いに終始していたと思います。中でも、蒼井優の魔性の女発言に対しては、芸人としてよりも男として、記者と対峙していました。
魔性の女の意味することは、確かに悪いイメージがあると思いますが、それほどいい女だということも立証しているとも思います 彼女は女優ですから、自分を見せる(魅せる)ことには秀でているのは当然です。そんな彼女が、山里の前だけで見せている顔が本人の素であれば、何も心配することはないかと思います、まして、記者の方に心配してもらうこともありません。
最近の記者の質問が、今まで感じたことがない、ちょっとずれている質問が多い気がします。視聴者や読者が求めているからだと記者は説明するのでしょう。でも記者発表で訊く質問と、囲みでする取材とは明らかに違うと思うのです。
とはいえ、こんな質問があったから、山里のカッコイイ回答が聴けたのも間違いありません。

 

子供の心を育てるには「言葉がけ」が大切

https://www.city.osaka.lg.jp/abeno/cmsfiles/contents/0000171/171803/6.JPG

 

・親から子供への言葉がけは、子供の心の発達やコミュニケーション能力の発達に繋がることは、既存の実験で実証されています。
・子供は自らが発した言葉や行動に大人が積極的に反応すると、嬉しい気持ちになります。
・その喜びが「もっと喋ってみよう」という意欲や、相手の気持ちを想像しようといった発達に繋がります。

 

親から子供への言葉がけは、子供の心の発達やコミュニケーション能力の発達に繋がることは、既存の実験で実証されています。
子供は自らが発した言葉や行動に大人が積極的に反応すると、嬉しい気持ちになります。その喜びが「もっと喋ってみよう」という意欲や、相手の気持ちを想像しようといった発達に繋がります。
子供への声がけが苦手という方は、お人形を使ったごっこ遊びがおすすめです。

引用元

https://www.jiji.com/jc/article?k=000000003.000045551&g=prt

 

 

親から子供への言葉がけは、子供の心の発達やコミュニケーション能力の発達に繋がることは、既存の実験で実証されています。子供は自らが発した言葉や行動に大人が積極的に反応すると、嬉しい気持ちになります。その喜びが「もっと喋ってみよう」という意欲や、相手の気持ちを想像しようといった発達に繋がります。子供への声がけが苦手という方は、お人形を使ったごっこ遊びがおすすめです。
お人形遊びで育まれる3つの心は、他者とコミュニケーションをとろうとする心、他者が自分とは違う考えを持つことを理解する心、相手を思いやる気持ち、だそうです。
これらの3つ心を育むお人形遊びは、とても素晴らしいことです。しかしこの3つの心は、今の大人が忘れてしまっていることではないでしょうか。
現在起きている様々な争いごとの根本に、これら3つの心が無くなっていると思われます。失くしてしまったのか、もともと持っていなかったのかは不明ですが、大人の再教育にも活用するべきだと思います。

「フライデー」の続報で宮迫の仕事にダメージ出る可能性 カラテカ入江の闇営業問題

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/2c/2cbc4b5fe489140d85414622bb246a9e_t.jpeg

 

・「フライデー」(講談社)が報じたカラテカの入江慎也(42)の闇営業問題で続報が出るそう。
・「衝撃的な続報が出れば、宮迫の仕事にダメージの可能性もありそう」と芸能記者
講談社と吉本には因縁があり、山里の結婚会見から『フライデー』などを締め出したそうです。

 

吉本としてはもう少しで“嵐”が過ぎ去ると思っているはずですが、どうやら同誌はかなり衝撃的な続報も報じるようです。
今は会社に守られている形の宮迫ですが、続報が出たら仕事にダメージが出る可能性もありそうで

引用元

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12151-302571/

 

 

フライデーによると、2015年6月に高齢者を狙った被害総額が40億円の詐欺で男女40人が一斉逮捕される事件で、その詐欺グループが逮捕される半年前に都内のホテルで忘年会を開催した。この会の後半、入江が仲介した雨上がり決死隊宮迫博之(49)、ロンドンブ-ツ1号2号の田村亮(47)らが登場。入江は所属事務所を通さず、いわゆる闇営業だった疑惑が報じられ、入江は4日付けで吉本興業を解雇になったそうです。
また、フライデーは衝撃的な続報もあるようで、この続報がでると宮迫はかなりのダメージを受ける、とのことです。
吉本は11年に引退した島田紳助さんの記事などをめぐり何度か講談社を提訴。また今回の南海キャンディーズ山里亮太蒼井優の結婚会見から講談社が版元の『フライデー』と『週刊現代』を締め出したそうで、怒りの火に油を注いでしまったようです。
もっと前には「たけし軍団フライデー襲撃事件」があり、フライデーとお笑い芸人は犬猿の仲が続いているようです。

一般週刊誌の部数動向をさぐる(2019年1~3月)

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/a9/a95c57f593bd83d80e0bb9dbf8a787f8_t.jpeg

・すき間時間を埋める最良の存在だった一般週刊誌は、スマートフォンの普及に伴い売上の厳しさという現実に直面している。
・一般週刊誌における販売動向を、日本雑誌協会が四半期ベースで発表している印刷証明付き部数(※)から確認する。
・印刷物は季節により販売数の変化が大きく生じるため、季節変動を考慮しなくてもよい前年同期比の方が、すう勢を確認するのには適している。

 

今件はあくまでも「印刷」証明付き部数のため、電子版も並列配信している雑誌の場合、そちらに読者の一部を奪われていることになる。
その結果、印刷証明付き部数が雑誌全体の勢いをそのまま反映するわけでは無いことに注意が必要。
とはいえ、紙媒体としての雑誌のすう勢には違い無く、部数が減っているのもまた事実ではある。

引用元

https://news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20190609-00129274/

 

2019念1~3月の一般週刊誌の動向です。軒並み部数が落ち込み、すき間時間を埋める最良の存在だった一般週刊誌は、スマートフォンの普及に伴い売上の厳しさという現実に直面している。
新聞にはできない深堀した情報を発信することで週刊誌は重宝されてきた。その役割がスマートフォンに取って代わられようとしています。
色々なスクープを掲載して、世の中の悪い事を暴露してきた週刊誌の実績が、無くなってしまう懸念があります。ネットでこの役割を担うことはできません。その理由は、週刊誌をだしている出版社は、その覚悟をもって世の中に発信してきました。それに比べ、ネットの記事は、出しっぱなしで誰も出す情報の責任を負いません。それゆえにネットは、真偽が入交り発信されています。
雑誌の掲載にあたって記事の裏をとる作業はとても大変です。そんな作業によって記事の真実性をあげています。
それでも部数が減ってしまうと広告が減ってしまいます。そのために記事作成の予算が削られてしまいます。時代の趨勢とはいえ、大切なものがなくなってしまうことは、とても残念だと思います。

年齢も考慮し今夏参院選不出馬か アントニオ猪木氏

https://d1f5hsy4d47upe.cloudfront.net/e8/e80ad2f7b0cb9e2e85dd7502f11a7689_t.jpeg

 

アントニオ猪木参院議員(76=無所属)が、改選を迎える今夏の参院選に出馬しない方向で最終調整していることが4日、関係者への取材で分かった。
・最近、会派所属先の国民民主党から、参院選に出馬すると一部で報じられたばかり。
・関係者によると、もともと年齢的なことも考慮し、不出馬の方向で調整を進めてきているという。

 

アントニオ猪木参院議員(76=無所属)が、改選を迎える今夏の参院選に出馬しない方向で最終調整していることが4日、関係者への取材で分かった。

引用元

https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201906040001235.html

 

 

アントニオ猪木参院議員(76=無所属)が、改選を迎える今夏の参院選に出馬しない方向で最終調整していることが4日、関係者への取材で分かったそうです。もともと年齢的なことも考慮し、不出馬で調整を進めてきているという。
日朝関係が停滞する中、関係打開へ、猪木氏の北朝鮮との太いパイプに期待する声も出ていて、今月21~26日の日程で北朝鮮を訪問し、政府要人との会談を計画しているとのことです。
アントニオ猪木は、力道山以来の格闘家として、国民に夢を与えてくれた人物です。ジャイアント馬場とは一線を画し、今の総合格闘技の原点を気づいたと言っても過言ではないでしょう。モハメッドアリとの一戦は、凡戦との声も多くありましたが、縛られたルールの中でのあの戦いは手に汗握る戦いだったことを憶えています。
そんな猪木が政治家に転身して、これといった活躍はしていませんが、北朝鮮とのパイプはとても太いものがあります。想像していなかった何かを起こすのが現役の時のアントニオ猪木でした。そんな奇跡を再度見せて欲しいと思います。