ブログ更新にツッコミの嵐、保護者会に遅刻しそうな状況の中で 渡辺美奈代

こんにちは、都築寛史です。

・2日にタレントの渡辺美奈代が自身の blogに投稿した内容が話題となっています。
・「学校へ」というタイトルで「急いで学校に向かいます。ギリギリになりそうと息子の保護者会に間に合うか焦っている内容を投稿しました。
・文章では急いでいる様子ですが、写真の渡辺の顔は頬杖をついた余裕の表情の姿であったことから、多くの人はツッコミを入れられてしまいました。

 

文章では急いでいる様子だが写真の渡辺の顔は頬杖をついた余裕の表情の姿であったことから、多くの人はツッコミを入れてしまたのだろう。

http://dailynewsonline.jp/article/2064094/

 

タレントの渡辺美奈代が、ブログで学校の保護者会に行かなければいけないのに、時間がギリギリであると投稿しましたが、掲載された写真がどうみても急いでいる時に撮影された様子がなく、批判が多く寄せられているとのことです。
しかし、どんなに急がなければいけない時にでも、アイドル気質が抜けないのですから、根っからのプロと言えるのではないかと思います。
人間としてその性格がどうかは別として、急いては事を仕損じる、急がばまわれ、を教えてくれているのかもしれません。
以前にも、息子の部屋にあったゴキブリのおもちゃに驚いたことを写真つきで投稿して、沢山の苦情が寄せられたそうです。
投稿する側の、読者から苦情や批判をされる内容であることを予測する力が低すぎます。また一方の読者が、何か批判する点はないかと探していることが伺えますので、突っ込まれる要素を残してはいけません。
渡辺美奈代も批判をしてくるネットの人々も、どちらも考えることが不足していて、何とも言いようがありません。
ただ、渡辺美奈代はネットに投稿する典型的な人であり、声を寄せてくる人たちがネットで批判する典型的な人たちだということは、色濃く表れていると思います。

 

 

六本木で入場料1500円の書店が大盛況 

こんにちは、都築寛史です。

 

・出版不況で街の書店が続々と店を畳んでいる中、ユニークな取り組みを行っている書店があります。
・「文喫 六本木」という名前の書店で、初の試みの平日入場料1500円の有料書店で、入場規制をするほどです。
・文喫は立地や品揃え、用途に応じたサービスの戦略などで付加価値を見出した。この成功は出版業界復活の狼煙となるのだろうか。

 

文喫は立地や品揃え、用途に応じたサービスの戦略などで付加価値を見出した。この成功は出版業界復活の狼煙となるのだろうか。

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/11041000/

 

 

六本木にある書店「文喫 六本木」が、入場料を有料化にして盛況とのことです。カフェや仕事場、デートスポットに最適ということで評判になっているようです。店長の書店で本を一冊一冊選ぶ行為は、博物館や美術館などで作品を鑑賞することと同じぐらいの価値があるんじゃないか、との発想から入場料をとることを考えたそうです。そのために、在庫を持たず1点1冊だけしか置いていないそうです。そのためにこの売り場スペースだと1万数千冊が限度ですが、文喫では約3万冊の書籍を陳列しているそうです。
書店に対する発想の展開がとても面白いと思いますが、入場するお客がこれほど多いことに驚くことと同時に、まだこれだけアナログな出版物に興味をもっている人がいて安心しました。
店長の語るように、本は一つ一つが作品であり、デジタルでは味わえない芸術性があるのです。デジタルに反するのではなく、別の価値を見出した店長のアイデアに頭が下がります。書籍の芸術性は、古本屋にあったのですが、今はどうなのでしょう。
本を愛する人が、この文喫に集まってきているのか、新しい書籍をアクセサリーとしてとらえている人が集まってきているのか、とても興味のあるところです。

Instagramが「ショッピング機能」で、どんなに充実するのか

こんにちは、都築寛史です。

・10月31日Facebookは、Instagramの新機能として「ショッピング機能」のコンテンツをInstagramのフィード広告として配信できるようにしたと発表しました。
・ブランドやEC事業者などで「ショッピング機能」を利用している企業は、フィード広告を活用することでInstagramユーザーにリーチしやすくなります。
・広告管理画面で広告を配信できます。

 

Facebookフェイスブック)は10月31日、Instagramの新機能として「ショッピング機能」のコンテンツをInstagramのフィード広告として配信できるようにしたと発表した。日本を含むすべての国と地域が対象。

https://netshop.impress.co.jp/node/6939

 

 

10月31日Facebookは、Instagramの新機能として「ショッピング機能」のコンテンツをInstagramのフィード広告として配信できるようになったことを発表しました。また、管理画面で広告の配信ができるとのことです。
ランドやファッションECサイトを運営する企業は、有効なプロモーション方法になることでしょう。また、ユーザーへの配信は、各嗜好にあわせて配信するのだと思います。
現在の、ユーザーのファッションや小物の購入行動に適しているツールだと思いますので、ユーザーから利用されることも多くなると予想できます。しかし,Instagramのユーザーとファッションの嗜好が、同じようなタイプの人に同じ服が重複してしまうことが考えられます。同じタイプの人が同じ服を購入してしまう可能性が高くなってしまうと思います。その結果、同じタイプの人の服がカブってしまうことが、多くなるのではないでしょうか。
住居のエリアが違うことを願うばかりです。
それから、お友達から、お友達にこんな服が似合うと思いますがと提案してあげるのはいかがでしょうか。
客観的な意見を聞いてくれるかが問題ですが、似た者同士なら、提案できると思います。

顔認証以外にも研究が進んでいる識別技術。歩き方や心拍数や皮膚などでも識別可能に。  

こんにちは。都築寛史です。

・顔認識技術はすでに企業や政府機関が追跡や監視に利用するケースが急増しています。
・AIを活用した、歩き方や心拍や皮膚についている微生物などを使った方法が開発されています。
・これらの技術は、軍事大国によって使用されているものもあります。

これらの技術の中には、学術研究でしか利用されていないものもあるが、アメリカや中国などの軍事大国によってすでに利用されているものもある。

https://www.businessinsider.jp/post-201553

 顔認識は、企業や政府機関が追跡や監視に利用するケースが急増しています。しかし、AIを活用して、歩き方や心拍数や皮膚の微生物などによって認識する方法が開発されているそうです。一方、アメリカのカリフォルニア州などでは、プライバシー擁護の観点から、法の執行を目的とした使用が禁止されているそうです。

認識技術はどんどん進んで行くことでしょう。しかし、誤った使い方をすれば間違いなくプライバシー侵害の問題になることです。

誰がどこに出かけているのかが把握されてしまうことは、極めて危険なことかもしれませんが、犯罪の防止や抑止力になることも間違いありません。ということは、運用方法のルールを適正に決めて、有効活用すると、とても役に立つことができるのではないでしょうか。

プライバシーの問題が先行してしまって、技術の進歩を止めてしまうのはもったいないことだと思います。今後、海外から観光客が増え状況の中、テロなどの犯罪抑止のためにも、必要な技術だと思います。

この技術は、もっと驚異的に進歩させて、高度な判別ができるようにまでして、人間だけでなく、さらに危険な外来生物の侵入も感知できるようにならないかと思ってしまいます。

 

 

 

 

髪型とメイクの両方を同時に変えられると、女性は別人レベルに大変身できます。

こんにちは、都築寛史です。

 

・女性の30代~40代で、多くの人が今まで似合っていたものが似合わなくなる問題を経験しています。
・それは、髪型とメイクを若い頃から更新していないからかもしれません。
・ヘアとメイクの両方を同時に変えることでその人の“今の最高”を引き出します。

 

実はそれ、服のせいではなく、髪型とメイクを若い頃から更新していないからかもしれません。

https://diamond.jp/articles/-/218821

 

女性の30代から40代にかけて、今まで似合っていたものが似合わなくなるそうです。その理由は、メイクでは、若い頃に知ったメイク方法をそのまま続けているからだそうです。また、ヘアスタイルで印象が8割決まってしまうのに、自分の頑張りだけではどうにもならず、美容師との出会いや相性が大きなファクターになるとのことです。
しかし、メイクとヘアスタイルを同時に変えることができると、その相乗効果で大きな変身をすることができるとのことです。
女性の20代から30代や40代への変身は、人生の様々な要素も重なり、大変なことです。いつまでも若く見られたい願望はあるのでしょうが、重なる年齢に勝つのは並大抵の努力ではできないことだと思います。
若さを保とうとしても、厳しい条件が生まれてきます。30代は30代の美しさを、40代は40代の美しさを追求して欲しいと思います。無理な若さを求めても、ちぐはぐした美しさになってしまうと思います。若さは、若さであって、美しさとは別です。女性の美しさは、本当の自分を自然に表すことではないでしょうか。背伸びをするわけではなく、等身大の自分を磨いてみてください。それが一番美しく見えるはずですから。

離婚後のバツイチ女性の特徴 本音は?

こんにちは 。都築寛史です。

 

バツイチ女性たちの特徴が紹介されています。
バツイチ女性は、自己完結型で気が強くなり甘え下手になる。
・一人で強く生きているように見えても、一緒にいてホッと一息つけて心許せる精神安定剤のような男性を求めています。

 

どんなに一人で強く生きているように見えても彼女たちは、一緒にいてホッと一息つけて心許せる精神安定剤のような男性を求めています。

 

バツイチの女性は、自分でなんでもやろうとして、他人に甘えないようになってしまいます。しかし、どんなに強がっても、本当は誰かに助けてもらいたいのが本音であるようです。
バツイチの女性が気が強くなり、ひとりで頑張ろうとするのは当然なことだと思います。その覚悟があるから、離婚したのではないでしょうか。その覚悟がない女性は、我慢をして結婚を継続することを選んでいるのだと思います。どちらが正解なのかは、答えはありません。自分の性格や忍耐力次第で、その人生の先行きが違ってくるのは間違いないと思います。
それでも、バツイチの女性に限らず、ひとりで頑張っている女性は背伸びをしている場合が多いので、他人に甘えることが下手になってしまうのです。男性は、そんな女性に優しい言葉をかけてあげることを心がけましょう。最近増えている甘えたい男性も、女性への心遣いをしてあげましょう。それが情けは人のためならずで自分に返ってくると思います。
頑張っている女性には、皆でどんどん励ましの言葉をかけてあげることを心がけましょう。
離婚して頑張っている女性は、頑張っているほど、優しい他人の心と言葉を待っていると思います。

海外旅行の予約で高齢者ほど「ネットで完結」のワケ 高齢者が“ネットに弱い”は昔の話!?

f:id:gosnew:20191117065558j:plain

 

 

・海外旅行の予約で若者と高齢者で、逆転の現象が起きています。
・デジタル世代の若者に比べ、多くの高齢者がより“ネット”で申し込みを完了しています。
・理由は「旅行経験の差」と「高齢者のネット慣れ」の2つがあります。

 

この調査で、「旅行の相談から申し込みまでのすべてをネットで完結」させる割合が、若者より高齢者の方が多いことが分かった。

 

引用元

https://www.fnn.jp/posts/00048516HDK/201910131100_FNNjpeditorsroom_HDK

 

全国の18~79歳の男女3万人を対象にJTB総合研究所が行ったインターネットアンケート調査の結果をまとめた「海外観光旅行の現状2019」で、旅行の相談から申し込みまでのすべてをネットで完結させる割合が、若者より高齢者の方が多いことが分かりました。高齢者の旅行の経験が豊富であることと同時に、ネットの活用に慣れてきたことが大きな要因と考えられています。
メルカリについても、若者層より高齢者の利用額が大きく上回っている結果になっています。
デジタルに弱いと思われていた高齢者が、今ではネットの便利なことを認識するようになり活用する機会が増えているのです。またデジタル世代が高齢化していることも要因としてあります。
高年齢者がネットの活用する傾向は、これからさらに増えていくでしょう。それで高年齢者向けのネットサービスがもっと増えていくことになります。
身体の自由が利かなくなり、外出せずに様々なサービスを受けることができるのですから、高齢者にとっては便利なサービスとなります。たとえば、以前から少しずつ行われていますが、在宅で医療サービスを受けることができるようになると、病院で長い時間待つことが無くなり、病院にとってもメリットがあると思います。また、医者不足の対策にも繋がることになり、医療費の削減に繋げることもできると思います。
ほかにも、孤独な高齢者がネット上で友人を作り、在宅のままネットを使って友人と一緒に食事をしたりすることもできると思います。

浮気の意味は? 不倫との違いや浮気しやすい男女の特徴を解説

f:id:gosnew:20191117065438j:plain

 

 

・浮気はパートナーがいるのに別の異性と親しくなることで、不倫は既婚者と肉体関係を持つのが定義。
・浮気も不倫も「パートナーを苦しめる」点では責任の重さは変わらないということです。
・浮気や不倫をする男性も女性も、特徴があるようです。

 

浮気は人によって線引きが変わるからこそ、安易にパートナー以外の異性と接触を持つのは控えるのが誠実な付き合い方です。
堂々と胸を張れないような関係を選ぶのは、何より自分をないがしろにするのと同じ。

 

引用元

https://woman.mynavi.jp/article/190930-14/

 

浮気のどこで線を引くかは難しいですが、パートナー以外の異性と親しくなることで、不倫はどちらかが既婚者であって、肉体関係を持つことを言うとのことです。
しかしパートナーがいながら異性と親しくなることが浮気と呼ぶのは違うと思います。
パートナーがいても、仕事上親しくしなければいけない異性もいます。仕事上とはいえ異性の相手であれば。好意を持ってしまうことはあるでしょう。それをすべて浮気と思われてしまうのは厳しいと思います。それだと異性の親友はありえないということになってしまいます。
恋愛の気持ちはなく、一緒にお酒を呑んで愚痴を聞いてくれるような異性の友人もあるのではないでしょうか。それがパートナーのことを相談にのってもらうこともあるでしょう。
人によって浮気の線引きが違いますが、一緒に食事に行ったことでも浮気という方がいます。肉体関係をもっても浮気じゃないという人もいます。
大切なのは、パートナーのことをどれだけ大事にできるかなのではないでしょうか。それから考えると、パートナーの嫌がる事が浮気になるのだと思います。