週刊誌

覚醒剤がなくならない理由、あいりん地区の実態

日本最大のドヤ街と呼ばれる大阪市西成区あいりん地区。この街には全国から“行き場を失った人々”が集まってくる。前科者、薬物中毒者、殺人者、元ヤクザなどなど……。そんなあいりん地区に78日間にわたって滞在し、『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』(彩図社…

「フライデー」がバナナマン・日村の淫行報じる!

お笑いコンビ、バナナマン日村勇紀(46)の未成年への淫行スキャンダルは、「日村さんは被害者じゃないか」と擁護する声も多く、妻でフリーアナの神田愛花(38)に対しても「気の毒」と同情論が巻き起こっている。 発売中の「フライデー」によると、日村…

週刊誌 女性医師は嫌だ。

欧米では、医師の誤診リスクも含めた治療実績(パフォーマンス評価)に着目する傾向があるという。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏がいう。「治療実績と関係する医師の特徴は何かが研究されている。なかでも、近年医師の年齢と治療実績の相関関係を数値…