週刊誌

週刊誌とタッグ? 独占インタビューに隠された“復帰への道筋” 山口達也

・元TOKIO・山口達也が『女性セブン』にキャッチされたのは、ジャニーズ事務所を退所して1年ほどたった今年5月のことでした。 ・それから4か月、今度は同誌で5時間にわたるロングインタビューを受けています。・“自分は一般人”とか“芸能界復帰はない”と言っ…

一般週刊誌の部数動向をさぐる(2019年1~3月)

・すき間時間を埋める最良の存在だった一般週刊誌は、スマートフォンの普及に伴い売上の厳しさという現実に直面している。・一般週刊誌における販売動向を、日本雑誌協会が四半期ベースで発表している印刷証明付き部数(※)から確認する。・印刷物は季節により…

旅行中の貴重品管理はこれひとつ! パスポートと一緒にスリムに使える「Dash Travel Wallet」が募集開始

・海外旅行の際、空港ではゲートのたびに出したりしまったりと煩雑です。・貴重品だからこそケースに入れて保管したりもするものの、デザインだけで選んでしまうと使いづらい場合も。・トラベル専用のミニマルなお財布「Dash Travel Wallet」が姉妹サイトmachi…

百田尚樹氏 週刊誌の消滅による悪影響を心配「恐ろしい世界になる」

・インターネットの発達で紙媒体の苦戦が伝えられている・週刊誌は新聞には掲載できない内容の記事や独自のスクープで存在感を示してきた・「週刊誌がなくなった世界は、恐ろしい世界になるかもしれない」と、危機感を募らせた。 「週刊誌が暴いた事件やスキ…

新ブランディング戦略を発表 カナダ観光局、トロントでRVC2019開幕

・商談会に先駆けて行われた市場動向を発表するイベントでカナダ観光局の新たなブランディング戦略とロゴが発表された。・新しいブランドメッセージとして、カナダ国歌でも歌われている「Canada. For Glowing Hearts (カナダ、輝くハートのために(仮))を…

週刊誌に撮られている相手、「きみちゃん」とは

アラフォーとアラフィフの集団となった嵐。99年のデビューから駆け抜けた20年の間には当然、女性との真剣交際や激ヤバ写真が明るみになっている。そんな中、交際相手との2ショットが撮られてしまったのは二宮和也。結婚秒読みとされる元アナウンサーの伊藤綾…

覚醒剤がなくならない理由、あいりん地区の実態

日本最大のドヤ街と呼ばれる大阪市西成区あいりん地区。この街には全国から“行き場を失った人々”が集まってくる。前科者、薬物中毒者、殺人者、元ヤクザなどなど……。そんなあいりん地区に78日間にわたって滞在し、『ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活』(彩図社…

「フライデー」がバナナマン・日村の淫行報じる!

お笑いコンビ、バナナマン日村勇紀(46)の未成年への淫行スキャンダルは、「日村さんは被害者じゃないか」と擁護する声も多く、妻でフリーアナの神田愛花(38)に対しても「気の毒」と同情論が巻き起こっている。 発売中の「フライデー」によると、日村…

週刊誌 女性医師は嫌だ。

欧米では、医師の誤診リスクも含めた治療実績(パフォーマンス評価)に着目する傾向があるという。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏がいう。「治療実績と関係する医師の特徴は何かが研究されている。なかでも、近年医師の年齢と治療実績の相関関係を数値…