家にいてほしくない妻の本音

「遅く帰ってきてほしい」理由 「帰宅時間について妻から『できるだけ遅く帰ってきてほしい』と言われた」(45歳) 「子供が寝るタイミングで帰宅したら『なんで帰ってきたの?』とひと言」(36歳) このように、帰宅時間や帰宅のタイミングについて、妻から…

旦那が下手すぎて濡れない

みなさん旦那さんとのセックスに満足していますか? ママスタBBSのある投稿者は「旦那さんのアレが大きすぎて痛い、濡れない、でも子どもは欲しい」と解決策に悩んでいます。旦那さんとの相性が悪いときはどうすれば良いのでしょうか? この質問にたくさんの…

娘から20年ぶりに連絡がきた。

20年という月日は長い。血の繋がった親子とはいえ、それだけの期間会うことがなかったら、情は薄れてしまうものなのだろうか。 女性向け掲示板『発言小町』では、20年ぶりに娘から連絡が来たという女性の投稿が注目を集めている。 ■生き別れた娘から20年ぶり…

息子を監禁 45歳の母親逮捕

息子をベランダに閉じ込め監禁したとして、静岡県警沼津署は10日、監禁の疑いで、県東部の自称パートの女性(45)を逮捕した。女性は「そんなことはしていない」と容疑を否認している。 逮捕容疑は、9日午後5時半ごろ、高校生の息子(17)を自宅のア…

家族がいるから老後が大丈夫とは言えない。

「家族同士で面倒をみるべき」という価値観 「家族がいるから孤独死の心配はない」――そんな声をよく聞く。 だが、これは大きな間違いだ。超高齢社会では、死別、あるいは入院や入所に伴う別居状態など、様々な事情により誰もが単身生活者の境遇になり得る。 …

55歳の誕生日、雅子さま

東京(CNN) 皇太子妃雅子さまは9日、55歳の誕生日を迎え、感想を文書で公表した。来年、新皇后となることについて「心許(こころもと)ない」と不安ものぞかせた一方で、自らの公務について力を尽くして取り組みたいとも述べた。 雅子さまは、来年5…

再婚のワケ シングルマザーの貧困

シングルマザーの貧困の実態とは 離婚に対して抵抗が薄くなってきている昨今、離婚によって幸せになる人もいる一方で、生活していけるか不安という人も少なくありません。特に子どもがいるシングルマザーにおいては、生活苦が深刻化されているのは間違いあり…

離婚する夫婦の老後

人生100年時代、寿命が長い女性は独身、既婚にかかわらず、ほとんどが「おひとりさま老後」に。ひとりになってからの老後資金は「いくら必要? どう貯める?」をケース別に分析する。 80代、90代をおひとりさまで生きる覚悟が必要 2040年には、女性の平均寿…

自宅にある「隠れ財産」は一人あたり平均いくら

みんなのかくれ資産調査委員会はこのほど、「日本全国の家庭内の不要品の総額=かくれ資産」に関する調査結果を明らかにした。同調査は2018年10月、10代~60代の男女2,536名を対象にインターネットで実施したもの。 日本のかくれ資産総額 今回の調査では、「…

家事ラク間取りに趣味の空間 こんな家に住みたい

大切な家族と、ゆったりとした時間を過ごしたい。趣味を思い切り楽しめる空間がほしい。家事の負担を軽減するように間取りを設計したい――。注文住宅は、どこまでそれぞれの夢をかなえられるのでしょうか? 現在子育て中の4名が、三菱地所ホームのホームギャ…

現在の給食費の支払い方法

内閣府は、2019年10月から始まる幼児教育・保育の無償化に伴い、給食費の負担方法を見直す方針を固めた。現行のまま保育料を無償化すると、給食費が保育料に含まれている保育所と、実費払いにしている幼稚園の間に格差が生じる。このため、保育所に通う3歳以…

嫁の立場から見る「理想のお義母さん」

みなさんの「お義母さん」はどんな人ですか?この質問を投げかけたときに返ってくるのは、お義母さんに対しての不満や愚痴がほとんどかもしれません。 では、逆に「どんなお義母さんが理想ですか?」という質問には、どんな答えが返ってくるのでしょうか。マ…

新宿まで30分圏内、家賃安い駅

家を決めるとき、部屋の間取りや築年数と同じくらい重視したいのは、交通の便の良さだろう。趣味やライフスタイルの充実のためには、通勤や通学だけでなく、繁華街へのアクセスがどうかという点も大切なポイントだ。そこで、日本屈指の繁華街である新宿へ30…

妻の残念な共通点

■旦那様の好きなところを10個挙げてください突然ですが、質問です。「旦那様の素敵なところ・好きなところを10個あげてください」と言われた時、あなたはすぐに10個答えられますか?「優しいところ」「まじめに働いてくれるところ」「子煩悩なところ」など、…

結婚に踏み切れない男子達

「家族留学」って知っていますか? 子育て中の家庭を学生ら若者が1日訪問して、夫妻のリアルな姿を体感してもらう取り組みです。念願だったテレビ局への就職が決まった途端、恋人にふられた男性。自分の夢のため彼女に別れを告げた新社会人。もやもやを抱え…

家の中でも消音 サイレンサー付きハーモニカ誕生!

もちろん時間帯によりますが。 デジタル楽器が普及した現在においても、アナログな楽器を使っているときの気持ちよさや、リッチなサウンドには惚れ惚れしちゃいます。けれども生楽器のデメリットはボリューミーだということ。周囲に住宅のない公園や河川敷く…